長岡市
美の川酒造



未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

■雄町米(おまちまい)とは
稲穂の写真
雄町とは、明治41年岡山県の奨励品種となった古典的な品種です。長桿(丈が長い)で倒れやすく、病気に弱いとされています。その反面、
1)大粒であり、心白も大きい。
2)吸水率や糖化率に優れる。
3)粗蛋白や無機質が少ない。
などの特性があり、特に高精白の吟醸造りに適していると言われます。当社では、社長が岡山県経済連さんにお願いして種もみを頂いて以来、刈羽郡小国町と三島郡越路町で契約栽培を行っています。
杜氏の話では、香りは目立たないが、上品でおとなしい含み香(ふくみか)とまろやかなうまみが出てくるそうです。現在、当社の味の特徴の一つとなっています。

■商品紹介
純米大吟醸
大吟醸
純米大吟醸 越の雄町
大吟醸 越の雄町

幻の酒米「雄町」を新潟で契約栽培し、純米大吟醸に仕上げました。さわやかな含み香とこくがあってまろやかな味わいが特徴です。

1.8L(カートン入り)
9,524円(税別)

アルコール分 16〜17%
日本酒度    +1.0
やわらかな旨口です。

おいしいお召し上がり方
◎:冷やして
○:室温で、ぬる燗

幻の酒米「雄町」を使用した、さわやかな含み香とバランスのとれた深い味わい、口当たりの良さが特徴です。

720ml(カートン入り)
3,809円(税別)

アルコール分 16〜17%
日本酒度    +4.0
やわらかな旨口です。

おいしいお召し上がり方
◎:室温で
○:冷やして、ぬる燗