未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

日本酒の原料、お米にこだわったお酒をご紹介いたします



美の川酒造  長岡市
■雄町米(おまちまい)とは
雄町の稲穂の写真
雄町とは、明治41年岡山県の奨励品種となった古典的な品種です。長桿(丈が長い)で倒れやすく、病気に弱いとされています。その反面、
1)大粒であり、心白も大きい。
2)吸水率や糖化率に優れる。
3)粗蛋白や無機質が少ない。
などの特性があり、特に高精白の吟醸造りに適していると言われます。当時の社長(現会長)が岡山県経済連さんにお願いして種もみを頂いて以来、刈羽郡小国町と三島郡越路町で契約栽培を行っています。
杜氏の話では、香りは目立たないが、上品でおとなしい含み香(ふくみか)とまろやかなうまみが出てくるそうです。

この新潟産「雄町」を100%使用したお酒が「越の雄町」です

■商品紹介
純米大吟醸
大吟醸
大吟醸原酒 越の雄町
大吟醸 越の雄町

幻の酒米「雄町」を新潟で契約栽培し、純米大吟醸に仕上げました。さわやかな含み香とこくがあってまろやかな味わいが特徴です。

1.8L(カートン入り)
10,500円消費税込価格

アルコール分 16〜17%
日本酒度    +1.0
やわらかな旨口です。

おいしいお召し上がり方
◎:冷やして
○:室温で、ぬる燗

幻の酒米「雄町」を使用した、さわやかな含み香とバランスのとれた深い味わい、口当たりの良さが特徴です。

720ml(カートン入り)
5,000円消費税込価格

アルコール分 16〜17%
日本酒度    +4.0
やわらかな旨口です。

おいしいお召し上がり方
◎:室温で
○:冷やして、ぬる燗


お福酒造株式会社  長岡市
山古志の棚田は中越地震で壊滅的なダメージを受けましたが、お福酒造と山古志農家は水田の復興を目指し、休耕田となるのを防ぐため当初三名の農家から協力してもらい米を作り続けてきました。
そしてようやく十五名の農家から契約栽培に参加してもらえる事となったので、「これを機会に
「山古志」を味わっていただきたい」という皆の想いから、新たに「特別純米酒」を発売する事としました。
棚田での稲作は機械が使えない場所も多く非常に手間がかかり、その反面収穫量は平地に比べて少ないのが現状です。
しかしそれでもお福酒造が山古志棚田産の米にこだわっているのは、棚田には錦鯉の色を鮮やかにすると言われる程の清冽な沢の自然水が流れ込み、また春から夏にかけて朝晩の気温差が15℃という環境が、しっかりとした稲を育み、食べても酒にしても美味しい米を稔らせるからです。

使用米 長岡市山古志地区棚田栽培米
精米 60%
アルコール 15度
日本酒度 +5
酸度 1.4
容量 720ml 1800ml
小売価格 1,365円
  消費税込価格
2,657円
消費税込価格


     日本酒のページ